今、話題の幹細胞美容液が真皮からふっくらと張りを出し、しっとりとしたツヤと潤いを与えてくれることはご存知でしようか?
美容業界でも注目されていて新商品がたくさん出ています。

ヒト脂肪幹細胞培養美容液とは?

人間の細胞の中には万能細胞と呼ばれ、どの細胞にも変化する事ができる幹細胞という細胞があります。この細胞は医療現場でも注目されていて、最近では歯茎の再生に成功したと話題になっています。
その幹細胞を人の脂肪細胞から取り出し、培養した時の出る分泌液で作られらたものが、ヒト脂肪幹細胞培養美容液です。

この成分には細胞を元気にする活性成分の強い500種類以上のたんぱく質などが含まれており、鈍くなった細胞を呼びさまします。
たんぱく質にはサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれており、肌の再生、美白、抗老化など多様な効果を促進させます。

衰えた肌の悩みで代表的なもの「たるみ」があります。
たるみはお肌を支えている、エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸が減少して起こります。ヒト脂肪幹細胞培養液はこの3つの成分を生み出す、お肌の真皮にある繊維我細胞を増やし、張りと弾力を作りだしていきます。

ドクターリセラ美容液(ディープセラム)のすごさ。

ドクターリセラ美容液(ディープセラム)にはヒト脂肪幹細胞エキス2種類、植物幹細胞エキス3種類・・・リンゴ(細胞再生)、アルガン(細胞ケア)、ブドウ(細胞保護)、動物性プラセンタエキス非加熱2種類、+αGrix(海洋深層水)+保湿成分・・・プロテオグリカン(鮭の氷頭)、海藻など8種類+浸透成分+美白成分、他多数美容成分が入っています。

こんなにたくさん美肌を保つために必要な成分が入っている美容液は今まで見たことが無かったです。

ドクターリセラ美容液(ディープセラム)使用してみました。

使用感はとろっとした美容液でつけた瞬間、肌の奥に浸透しているものとお肌の表面に残っている感じがわかります。今までに感じた事のないツヤ感、乾燥によるちりめんジワはあっという間に目立たなくなります。

私も30歳を過ぎた頃たるみが気になり、ヒアルロン酸、コラーゲン入りの化粧品を使用してみましたが、思うようなお肌の改善にはなりませんでした。

今考えてみると、私のたるみの原因はエラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸が足りなかったので、1つの成分を使用しても結果が出なかったのだと思います。

また、コラーゲンは分子量が大きく肌の奥に浸透していかない性質がありますので、結果が出なかった事については仕方がないのかなと思っております。

たるみ、乾燥が気になる方には、お勧め!「ドクターリセラ美容液 ディープセラム」

早くたるみ、乾燥を改善したいとお悩みをお持ちの方は、ヒト脂肪幹細胞美容液でお肌の奥の真皮にある繊維我細胞を元気にして、自らお肌に足りない成分を作りだしていく方法がおすすめです。

ドクターリセラディーヴァシリーズはクレンジング、洗顔料、化粧水、UVミルクもご用意しております。ライン使いして頂くと、より美容液の浸透が深まります。

たるみはたるみの分だけ改善するまでに時間がかかります。使用し続けて結果を楽しみましょう。