agingcare-soyprotein-face

加齢とともに、「ほうれい線」や「皮膚のたるみ」は気になり始めて、高いお化粧品を使ってもなかなか改善されないという方には大豆プロテインがお勧めです。

理屈は簡単で、大豆プロテインを飲んで、お肌の土台をしっかり作りましょうって話なんですね。

1日1回好きなタイミングで飲むだけです。

もちろんそれなりにカロリーはありますので、一日の総カロリーは少しは気にしてくださいね。

ただそんなに気にしなくても大丈夫です。

例えば食べ過ぎた日は無理に飲む必要もないので、その日は飲まないで、翌朝の朝食のかわりに大豆プロテインだけというのもアリですよ。

さて、それではなぜ、大豆プロテインがお肌の土台作りにおすすめなのかご説明しますね。

ハリ、艶、弾力のある肌を作るために欠かせないたんぱく質(アミノ酸)

人間の体は40パーセントがたんぱく質(アミノ酸の合成)でできています。肌もたんぱく質でできていますので、お肌にとって大切な栄養素です。

食品から摂取されたたんぱく質は、体内でアミノ酸に分解され再合成されることで身体の組織を構成していきます。

身体を構成するたんぱく質は20種類のアミノ酸からできており、1つ欠けても組織を構成するたんぱく質は十分に合成されません。中でも必須アミノ酸は体内で作れないため、毎日バランスよく摂取する必要があります。

「コラーゲン」を生成するアミノ酸はプロリンとグリシン

アミノ酸のなかでもお聞きになったことがあると思いますが、お肌をつくる「コラーゲン」はプロリンとグリシンというアミノ酸から生成されています。

プロリンは動物性のゼラチンや牛乳、小麦のグルテン質や大豆に多く含まれています。

つまり、エイジングケアの「ほうれい線」や「皮膚のたるみ」対策のためには、「動物性のゼラチン、牛乳、小麦のグルテン、大豆を多くとりましょう」ってお話なんですね。

動物性のゼラチンを多くとる為には、動物性のたんぱく質を多くとる必要があるのですが、同時に脂質も多くなってしまします。

また小麦も多くとるといっても、今度は炭水化物も同時に多く取り込むことになってしまいます。

どちらもカロリーオーバーになってしまうのでおすすめできません。

よくある「○○に良いから△△を多くとりましょう」で栄養バランスがおかしくなってしまっては、美肌はバランスのよい食生活からとうたっているこのブログの主旨からも外れてしまいます。

もうわかってきましたね。

大豆プロテインがお勧めなんです。

じっくりお肌を育てる大豆プロテイン

お肌をつくる、たんぱく質は肉、魚、牛乳、卵、大豆から摂取することができますが、肉や魚は脂質まで一緒に摂取してしまいますので、取り過ぎると身体に脂肪が付きやすくなるので女性にとっては避けたい食品ですね。

そこで、私がお勧めしたいものは大豆プロテインです。

先ほども書きましたが、大豆には「コラーゲン」生成するはプロリンがたっぷり含まれています。

プロテインと聞くと筋肉をつくる、男性が飲む、というイメージがあると思いますが、プロテインには動物性と植物性があります。

動物性は即効性があり、筋肉になりやすいですが、植物性は持続性があり、ゆっくり体内で作用されますのでムキムキの筋肉にはなりにくいので安心して召し上がってください。

まだまだありますよ、大豆プロテインの優れた話

プロテインは調理も必要ないので忙しい現代の女性にはとてもお勧めです。

仕事で責任ある立場の方や、出産、子育てからくる食生活が乱れなどで、ストレスが溜まり、女性はホルモンのバランスも乱れることが多くあります。

大豆には女性ホルモンのバランス、活性酸素の除去、血流も良くしてくれるのです。

どうです、「忙しいから肌が荒れるのはしょうがないわね」なんてちょっとあきらめていたがんばりやさんのあなたにも素敵な話ですよね。

是非摂取したい栄養素がふくまれた大豆プロテインです。

もちろん私も試しています。

私も試してみました。

始めはミネラルウオーターとプロテインで試してみましたが、特に甘みが無いので大豆の味だけで飽きてしまう事もありました。

そこでおすすめなのは、青汁や牛乳、バナナ、ヨーグルトでミキシングです。

かなりいい感じで毎日楽しんで飲めています。

食べ過ぎた日の夕食にはプロテインで置き替えをしたり、忙しい朝に飲んだりしています。

1か月実感できる肌の張り

1か月でも肌の張りや、髪の毛のツヤが増したと実感します。髪の毛はあまり気を使っていなかったという事もありますが、今はトリートメントが必要なくなりました。

また、夜のお手入れがお化粧水のみのお手入れで寝てしまう日もありますが、翌日の朝お肌が潤っていた事には驚きました。

口から入れたものはまず、内臓に、その後血液によって肌に行き渡りますので、3カ月は試して頂くことがお勧めですが、まずは私と同じ、1ヶ月目標に頑張って下さい。

「美は1日にしてならず」というのもわかりましたし、「結果は必ず付いてくる」ということもわかりました。

是非、みなさまも試してみて下さい。