お首のしわ、胸元のたるみやお肌のくすみなど気になるけど、どうしたらいいのかな?と悩んだりされていませんか?

デコルテとはお胸元、首から肩にかけてのことで、街を歩いていても人の視線が集まる部分であり、一番年齢があらわれやすいところともいわれています。女性の顔は首や胸元のデコルテまで言うくらい重要視されています。

年齢を重ねるごとに一番影響を受けやすいデコルテです。20代のときには気にしていなかった私も30代後半になり、ふと首や胸元のシワやたるみがとても気になるようになりました。今、一番気をつけている部分でもあります。

今回は、私が実践しているデコルテ美人を目指す方のための簡単なデコルテケアをお伝えしていきたいと思います。

デコルテリンパマッサージでむくみ解消

朝起きて鏡を見ると顔がむくんでいたり、くすんでいたりという経験はございませんか?

お客様のカウンセリングをしていて、肩こりの欄にチェックがあるお客様に必ずおたずねすることがあります。それは「肩こりで一番つらい部分はどのあたりですか?」と。

ほとんどのお客様が「首から肩にかけてが・・・」、「首がつらい・・・」というお言葉をよく聞きます。

理由を聞いてみますと、毎日パソコンを向き合う時間や、携帯を見る時間が多いなど、思い当たることがあるようです。

実は、この肩こりがお顔のむくみやくすみへとつながっているのです。デコルテの部分にはたくさんのリンパが集中していますので、このリンパの流れが悪くなると要らない老廃物や水分が体の中に溜まってしまい、お顔がパンパンにむくんで、血行が悪くなってお肌がくすんでさえないお顔になってしまします。

肩こりは、体の疲れもありますがお顔にもつながっているということです。

リンパマッサージで首や胸元を流して、身体の中の要らない老廃物を外に出してデトックスしてあげましょう。

 

私がお客様にお伝えしている自宅できる簡単マッサージご紹介しますね。

実際にサロンのデコルテリンパマッサージの施術工程に入っているトリートメントを簡単にしたものです。すべりやすいオイルやクリームを使っていただくとよいと思います。

自宅できる簡単マッサージ

①  まず、右手を胸元中央に置き鎖骨のラインに沿って、左脇に向かって、さらに脇の下に流し込むように流していきます。力加減はさする程度でOKです。終わりましたら反対側も同じように流していきます。

decollete_selfmassage_01

decollete_selfmassage_02

decollete_selfmassage_03

②  次に首全体を人差し指から小指の4本指を使って胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)に沿って流していきます。左右それぞれに流します。

decollete_selfmassage_05

特に耳の下から鎖骨に向かって流すラインはリンパが溜まりやすい部分でもあります。上から下にさするように流しましょう。

decollete_selfmassage_05

③最後は①と同じで全体のリンパを脇の下に流して終了です。

decollete_selfmassage_06

※左右で10分~15分くらいでよいと思います。

 

角質ケアや保湿で栄養補給してあげましょう

デコルテもお顔の一部分です。お手入れしているようでできていないのがデコルテです。

内側からのケアはリンパマッサージで解消できますが、外側からのケアはお顔と同じようにスキンケアをしてあげましょう。目元、ほうれい線と同じ首元も何もしないとシワやたるみへとつながっていきます。シワはお肌の中の水分が蒸発して潤いがなくなることで乾燥していきますので、化粧水や美容液などで朝晩としっかりと保湿してあげましょう。また、首や胸元は汗をかきやすく汚れが溜まりやすい部分でもあります。

週に一回スクラブなどで角質ケアをしてあげると表面の古い角質(死んだ細胞)が取り除かれて化粧水や美容液のお肌への浸透が早くなり、ハリのあるデコルテへとつながっていきます。さらにくすみが気になる方は美白ケアを加えていきましょう。

紫外線対策してあげましょう

お顔と同じくらい紫外線をたくさん浴びているデコルテです。

私も以前までは、胸元の開いた洋服をあまり着なかったので日焼け止めは首元までしか塗っていませんでした。首にストールなどの巻物をする時は首に日焼け止めは塗らなかったのですが・・・ふと鏡を見た時に、デコルテとお顔の肌のくすみがあまりに差がありすぎてびっくりしてしまいました。胸元を隠していても、衣類の隙間から容赦なく紫外線が入り込んできますので、気づかぬうちに日焼けしているのです。紫外線を浴びるだけで、シミ、シワ、たるみ、ニキビなどすべての肌トラブルへとつながっていきます。

 

私も30代になって自分のお肌と真剣に向き合うようになり、年齢を重ねてもきれいなデコルテでありたいと思う一人です。お顔の一部分でもあるからこそお手入れした分だけ結果が出る場所でもあります。「もう、お手入れしても遅いかな・・・」とあきらめるのはまだ早いです。3つのデコルテ対策、是非始めてみてください!