サロンにいらっしゃる20代~30代の方の肌トラブルのお悩みでとても多いのが「ニキビ」です。

結婚式を控えた新婦様のブライダルエステでもたくさんのご相談をお受けします。

10代の頃はニキビ一つないお肌だったのに、社会人になったころから急にニキビができだして治らないとか、生理前になると必ずニキビが出てくるようになったとか、あごや口の周りのニキビができたりひいたりを繰り返しているとか…カウンセリングでは本当にさまざまなニキビトラブルのお話を伺います。

実は私もニキビの悩み経験者。

10代の思春期にニキビができ始め、一番ひどいときは赤く大きなニキビが顔中にありました。

当時はニキビに効果的な市販薬を塗ったり、皮膚科に行って硫黄の入ったローションなどを処方していただいたりして一生懸命ニキビと戦っていたという思い出があります。

顔にニキビがあるだけで本当に憂鬱になるものですよね。

そもそもニキビは毛穴につまった皮脂によってできるもので、医学的には尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)というのですが、見た目は同じでもできる原因の違いによって「思春期ニキビ」「大人ニキビ」の2種類に分けられます。

10代の頃に私の顔中にあったニキビはまさしく思春期ニキビでした。そしてサロンにいらっしゃる方の多くは大人ニキビの悩みです。

これらのニキビは原因が違うので対処法も少し違ってきます。ここではこのニキビの違いについて、そしてその対処法について少しだけお話したいと思います。

思春期ニキビは男性ホルモンと皮脂が原因

「思春期ニキビ」とは思春期のホルモン変化の時期に男性ホルモンの分泌が盛んになることで、

皮脂が過剰に分泌され、その皮脂が毛穴に詰まってできるニキビのことです。

(ちなみに思春期の時期以外でも、この原因でできるニキビは思春期ニキビに該当します。)

さらに毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が増殖することでTゾーンのほか顔全体にできるのが特徴です。

 

思春期ニキビ対策は洗顔!

この思春期ニキビの対処法は、とにかく皮脂が過剰になるので皮脂汚れをしっかり落とすこと。

『洗顔』が最大のニキビケアになります。

洗顔は過剰な皮脂、そして皮脂に付着した汚れを落とすためですから水洗いだけ落ちにくいので、洗顔石鹸や洗顔料を使用したほうが良いと思います。

ニキビ肌用の洗顔料にはアクネ菌の増殖を抑える成分や、炎症を抑える成分が入ったものもありますので、試してみるものよいでしょう。

また、できてしまったニキビを摩擦や刺激で悪化させないためにも、洗顔は優しく丁寧に、お肌をこす

赤く炎症のあるニキビになってしまった場合は、手当をしないと色素沈着やクレーター状のニキビ跡になる可能性が高いので、洗顔に加え炎症を抑えるための対処をしましょう。

消炎・殺菌作用のあるローションや治療薬を併用していくこともお勧めです。

 

大人ニキビは心と体のバランスの乱れが原因

一方、「大人ニキビ」は心と体のバランスの乱れが大きく影響しています。

生理前のホルモンバランスの乱れ、毎日の食生活、生活のリズムの乱れ、消化器機能の低下、便秘、ストレス、睡眠不足、間違ったお手入れなどが原因にあげられます。

さらにお肌の乾燥による皮脂と水分のバランスの乱れや、肌疲労によるバリア機能の低下、ターンオーバーの遅れによる角質の肥厚などが加わります。

また、あごや頬などの乾燥しやすいフェイスライン(Uゾーン)に繰り返しできることも大人ニキビの特徴のひとつです。

この大人ニキビへの対処は、さまざまな原因のなかで自分に当てはまる原因をしっかり把握することから始まります。

大人ニキビは、心や体のバランスがどこか乱れているよと教えてくれるセルフサインとも言えるものですから、まずは自分を見つめることが大切になりますね。

そしてその原因に対する対処法をひとつひとつ実行していくことで少しずつ改善に向かっていくのです。

本当はここでそれぞれの原因に対する対処法もお話したいのですが、とても長くなってしまうのでいずれ別のテーマで詳しく書きたいと思います。

そこで次は実際にサロンで大人ニキビがある方にお話しさせていただいている、お肌のお手入れ法について書いてみます。

大人ニキビもやっぱり洗顔が大切!

大人ニキビのお肌のお手入れでも、やはり「洗顔」が一番大切です。

ただ、大人ニキビの原因は単に皮脂汚れだけではありませんので、プラスαのお手入れが必要になります。

何度も同じところにできては繰り返す大人ニキビの場合、お肌のターンオーバーが遅くなることで古い角質が残ってしまっていることが多いです。そこで洗顔に加えて古い角質を落とすための角質ケア=ピーリングを行うことが効果的になります。

また乾燥している部分にニキビができるというような大人ニキビの場合は、お肌に必要な皮脂までも落としてしまう洗浄力の強い洗顔料を使用している方が多いようです。

この状態はお肌の油分と水分のバランスが乱れ、お肌のバリア機能がうまくいっていない状態です。

そのため、洗顔料を見直すことと乾燥対策の保湿ケアを加えていく必要があります。

ただし乾燥対策として油分が多く含まれるクリームなどは、かえって油分が毛穴をふさいでしまいニキビを悪化させてしまうので使用を控えるようにしてください。

 

あなたのニキビは思春期ニキビ?大人ニキビ?

思春期ニキビも大人ニキビも、お手入れで一番大切なのは洗顔ということはおわかりいただけましたか?

洗顔料を変えただけで、洗顔方法を変えただけでも改善に向かうケースはたくさんあります。

ニキビができたら、もしくはニキビができている方はまずは洗顔を見直してみてくださいね。

ただ、洗顔以外のニキビの対処法についてはニキビの種類によって違いがありますので、自分のニキビがどのような状態なのか判断して正しく行わなければ改善に向かいません。

もし判断に迷ったら専門家に聞くことも検討してみてくださいね。