女性にとってニキビのできやすい時期というのがあります。
それは生理前の1~2週間の期間です。
サロンにニキビで相談にいらっしゃる方のほとんどが、この期間はニキビがひどくなると言われます。
また普段はニキビ知らずの方でも、この時期だけはニキビができるという方もたくさんいらっしゃいます。
この時期にできるニキビのことを私は生理前ニキビと呼んでいます。
女性なら誰でも一度は出会ったことがあるであろう、この生理前ニキビは女性特有のホルモンと密接な関係があるのです。
この女性のホルモンとニキビの関係について少しお話ししたいと思います。

女性にとって重要な2つのホルモンを知っておきましょう

女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンのことで、脳からの伝達により卵巣から分泌されるホルモンは2種類あります。
一つは女性らしさをつくる卵胞ホルモン、もう一つは妊娠を助ける黄体ホルモンといいます。
この2つのホルモンは1か月の間ある一定のリズムで変動し、それを繰り返しています。
ホルモン変化のポイントは排卵日と月経です。
排卵日~月経までは黄体ホルモンが増加し卵胞ホルモンが減少、月経後~排卵日までは卵胞ホルモンが増加し黄体ホルモンが減少します。

 

生理前ニキビは黄体ホルモンの仕業

黄体ホルモンはそもそも女性の妊娠を助けるホルモンですから、おなかの赤ちゃんが安心して育つようにママのカラダを変化させていくのです。
女性にとってはとても大切なホルモンですよね。
それでも生理前は気分がイライラしたり、肩こりやむくみがひどくなったり、肌がくすんだり、いろいろな不定愁訴があらわれる原因になるのも、この黄体ホルモンの仕業です。
黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きするので、皮脂の分泌が盛んになります。
そのためニキビができやすい状態になります。

 

生理前の対処法

もともとこの時期にできるニキビは、黄体ホルモンの仕業ということがはっきりわかっていますので、黄体ホルモンが減少する時期になるとニキビは勝手に改善していくと考えてよいと思います。
ですから対処法は、ニキビが引くまでそーっとしておけばよいのです。
気になって触ったり、つぶしたりしてしまうと治るどころか雑菌がついて炎症を起こしたり、跡が残ってしまうので気を付けてなければなりません。
できたところだけに皮脂を吸着するスポッツタイプの化粧品や市販のニキビ薬などを付けるとニキビの改善が早くなります。

試してみてくださいね。

 

生理後に受けるエステがおすすめ

生理周期を考慮して、エステをいつ受けたらいいかというご質問には、どちらかというと生理後に受けることをお勧めしています。
生理後の卵胞ホルモンが優位になる時期は、お肌が自らきれいになろうとする時期です。
肌細胞もイキイキと活動を始めるので、エステを受けたり、美容液を積極的に使用したりすることでお肌の変化を実感できることができるはずです。
また角質ケアもこの期間に行うと効果的です。
黄体ホルモンが優位の時期は皮脂の分泌が増えると同時に角質も厚くしていきます。
生理後角質ケアをすることで、お肌の新陳代謝が促進され、古い角質で皮脂つまりを起こすことが少なくなりますから、次の生理前ニキビもできにくいお肌になっていきます。
もちろん生理前に受けるエステもまったく効果がないというわけではありません。
なによりもエステを受けてリラックスすることは、生理前ストレスの解消に大変役立つと思います。