ニキビができると早く直さなきゃ!という想いから普段のお手入れよりも念入りになったりしませんか?

 “しっかり洗顔をする。”

そう、これ基本ですね。

けれどしっかり洗顔でついやってしまうのが、ゴシゴシ一生懸命洗うこと。
毛穴に詰まった皮脂汚れを取りたくて、お肌の奥の汚れまでしっかり取れるように指先に力を入れて念入りに。
時にはスクラブ洗顔料などを使ってさらに念入りに。
そして油汚れがいかにも落ちそうなお湯ですすいで、仕上げにタオルを上下に動かしゴシゴシ拭きとる。
さっぱり洗いあがってきっとニキビも消えるはず・・・。

 
ニキビがある方が、もしこんな洗顔法をしていたら、今すぐ全部やめてください。
なぜならその洗顔こそニキビにもっともしてはいけないことをしているのですから。

 
ニキビのお手入れでやってはいけない2つのこと。
それはお肌に摩擦と刺激を与えることです。
だからお手入れは優しく、そーっと行うことが大切です。

 洗顔では摩擦に注意

毎日行う洗顔を正しく行うことこそニキビ肌を改善する第一ステップです。

その洗顔法はとにかく摩擦をおこさず洗うこと。

 
まず、洗顔石鹸(洗顔料)を泡立てネットで泡立てて、きめ細かい泡を作ります。
少なくとも片手に大きめのソフトボールくらいの泡(上の写真ぐらい)は必要です。
そしてその泡を顔全体にのせたら、手が顔のお肌に直接触らないように、泡を優しく動かします。

硬めの泡ができるようなら動かさずただ数分のせておくだけでもOKです。
洗い流すのは水かぬるま湯。熱いお湯は肌を乾燥させるのでやめてください。
ゴシゴシという言葉を一切必要としないこの洗顔法ですが、友人が試したところ「全然すっきりしない」と言っていました。
確かにこれまでゴシゴシ洗顔をしていた方がこの洗顔法をやってみると、誰もが最初そう感じるのかもしれません。

『すっきり=お肌の皮脂を全部取り除くこと』と思いがちですが、実はお肌の皮脂を全部取り除いてはいけないのです。

正しくは余分な皮脂を取り除くこと、お肌を潤すために必要な油分は残しておかなければいけません。
この必要な油分については洗顔法から少し話がずれてしまうのでまた別の機会にお話しをさせていただきますね。

 

さて、洗い流した後は顔に残った水分をタオルでふき取るわけですが、ここでも絶対にゴシゴシ拭いてはいけません。
タオルは顔にあてて、優しくおさえるだけ。動かさずおさえるだけです。

デイリーケアでは肌への刺激に気をつける

洗顔(タオルふき取り)後は、基礎化粧品でのお手入れです。
どんな化粧品を使えばいいかは後でお話しするとしてここではお化粧水をつける時の注意をお伝えしたいと思います。

できればお化粧水をつけるときはコットンを使いましょう。
(手でつけるときは必ず清潔な手で付けるようにしてください。)
ニキビのない場所はコットンに十分なお化粧水をとり滑らせるようになじませますが、ニキビの部分はおさえるようになじませてください。
ここでも優しく、そーっと行いましょうね。
お肌が元気になりそうなパッティングもニキビ肌の方とっては刺激となり、肌活性することでニキビが悪化することもありますから絶対にしないようにしましょう。

 
また、ニキビに与える刺激で最もやってはいけないことはニキビをつぶすことです。
ニキビを悪化させるだけでなく、一度傷になってしまうと治った後も色素沈着やクレーター肌として残ってしまう可能性が高いのです。
正しいお手入れはニキビの改善を早めるだけでなく治った後もきれいなお肌を作ってくれます。
くれぐれも摩擦と刺激にはご注意を。