多くの方がシミをひとくくりにしてしまいがちですが、お肌の状態が人それぞれであるように、シミの種類も原因も人それぞれです。
紫外線、傷やニキビ、ホルモンバランスの崩れ、体内トラブル、加齢、遺伝…
『どうしてシミができたのか』『どんなシミなのか』
原因や状態をしっかりと把握してそれに合った対策&ケアをしなければシミの改善は期待できません。
今日はシミの原因とシミの種類についてお話ししてみたいと思います。

 

30歳を過ぎたら頃から現れた!老人性色素斑

シミの原因で最も多いのが紫外線よるもの。太陽がある限り、一年中あらゆる方向から降り注いでいます。
紫外線を浴びるとお肌に活性酸素が増えて、シミを作るメラノサイトを刺激するためメラニン色素が放出されます。
メラニン色素の放出は、本来紫外線の害からお肌を守ろうとする自己防御。日焼けは強い日差しからお肌を守っている証ということになります。
でもいつまでもお肌が黒いままでは嫌ですよね。
通常、お肌のターンオーバーによりメラニン色素ははがれてなくなるので、それにより日焼けした肌はいつしか白いお肌に戻ってくれます。
しかし、新陳代謝の低下でターンオーバーが正常に行われなかったり、よりたくさんメラニン色素が作られたりすると、お肌の上にメラニン色素が残ってしまい、それがいつしかシミになってしまうのです。
このような紫外線の影響でできるシミを老人性色素斑と言います。
丸みを帯びた茶色のシミで男女ともに見られます。
30歳過ぎからできることが多く加齢によりお肌の代謝が落ちることも原因の一つです。

 

子供のころからの悩み!そばかす

お鼻を中心に両頬に散らばるようにできた茶色の小斑状のものがそばかすです。
ご両親のお顔にそばかすがある場合や子供のころからある場合が多いので主に遺伝性と言われています。
『子供のころよりだんだん濃くなってきてるような気がする』という声を30代くらいの方から多くいただくことがありますが、これはそばかすが遺伝という原因だけでなく、紫外線やストレスの影響を受けることで悪化したり目立ったりすることを表しています。
そばかすは遺伝だからとあきらめて日焼け止めを塗らずに過ごしたりしたことはありませんか?
睡眠不足やホルモンバランスが崩れるようなストレスの多い生活習慣ではありませんか?

 

ニキビ跡がシミになっちゃった!炎症性色素沈着

ニキビ跡やムダ毛を抜いたあとの黒ずみ、虫刺されあとなどの傷がシミのようになって残ってしまっているものを、炎症性色素沈着といいます。
以前ニキビができたら絶対につぶさないこと!と書きましたが、それはこの炎症性色素沈着を防ぐためというのが一つの理由です。
色素沈着のシミは通常のシミの改善期間に比べて長くかかります。
つまりなかなか消えにくいのです。
さらに日焼けをしてしまうと本当に消えにくくなりますので注意しましょう。

 

生理前にほほのシミが濃くなるみたい?肝斑

両頬などにペタッと筆で描いたような形が特徴のシミで、どちらかというとぼんやりとしたシミです。
老人性色素斑のようにシミの境界線がはっきりしていないので、肝斑がある部分は他の部分に比べて少しくすみがひどいのかと思うくらいな感じです。
何となく顔色が悪いとか、外で紫外線を浴びたりしてないけど日焼けしたみたい…?と感じるときは肝斑というシミがあることを思い出してほしいのです。
両頬に出ることが多いのですが、頬からおでこやあごにかけて広範囲にでる場合もあります。必ず左右対称に出るシミです。
この肝斑の原因はホルモンバランスの崩れとも言われています。
特に女性のホルモンバランスが変化するのは妊娠&出産のとき。
出産後に顔全体にシミ(肝斑)がでたという方も多いのですが、それを肝斑とはわからずに一般のシミと同じお手入れをしている場合、残念ながら肝斑を悪化させてしまっているということがあります。
またピルの服用などで発症したり、悪化したりすることも確認されていますのでホルモンバランスが大きく影響していると言えるでしょう。
20代の後半から50代の女性に多くみられ、刺激を与えるとどんどん濃くなるというとても嫌なシミです。
この場合の刺激は、洗顔をゴシゴシするとか化粧品を強くすりこむという肌に対する摩擦や紫外線を浴びることも刺激に入ります。
老人性色素斑に有効とされるレーザー治療も、肝斑は刺激となり悪化するので絶対に避けましょう。

エステでは手当不能!専門医にご相談を。ADM&アザ

左右両側に対称にある少し灰色の小斑状のシミはADMの可能性が高いです。ポイントはシミの色で、茶色や黒ではなく灰色っぽい色です。
お肌の深い部分にシミの原因であるメラノサイトがある状態なので、通常の化粧品や薬ではその部分まで成分が届かず改善が難しいシミです。
また、アザと呼ばれるシミはメラニン色素異常などによりできたもの。
いずれのシミもレーザー治療が有効とされていますので、シミをなんとかしたい!と思う方はエステではなく、専門の医療機関での相談されることをお勧します。

 

シミ対策はまず自分のシミを知ることから始めましょう

いろいろなシミの種類のなかで、自分のシミはどんなシミなのかをまずは把握することが大切です。
自分のシミの種類を知ることで、ベストなお手入れ法やお手入れで注意するべきことがわかります。
肝斑にレーザーはNGということやADMがエステでは消えないシミであることなどは、知っていれば無駄なお金をかけずに、より早く、よりキレイに近づくことができるのです。
そばかすもあきらめてはもったいない!
シミは正しいお手入れをすれば、必ず改善に向かいます。逆に間違ったお手入れは悪化させてしまうのです。
鏡をじっと見て、気になるシミを観察!それでも何のシミなのかよくわからなかったら皮膚科やエステで肌相談を受けましょう。

 

参考ページ

シミを撃退! ビタミンAが大活躍!

30代、シミ初心者にまず試してほしいビタミンCのチカラ!