nikibi03-face

ニキビが改善しなかったのは『余分な皮脂やメイク汚れをきちんと落とし切れていなかった』から

中学生のころからニキビ肌で悩んでいる私ですが、現在は改善しつつあります。

アゴやフェイスラインにできやすかったニキビは、今ほとんどありません。つぶしたりいじったりしていた過去があるため、跡(色素沈着)もありましたが、それも薄くなっています。

でも絶対にニキビができない肌になった!とは言えません。

それでも以前のように「どうしてニキビができるのだろう…」「どうして治らないのだろう…」「ニキビケア化粧品なんてどれも同じ。私の肌がキレイになるはずない…」というように落ち込んだり悩んだりすることはなくなりました。

ニキビができる原因はホルモンバランスの崩れや脂性肌で毛穴が詰まっている、食生活の乱れ等、人それぞれあります。

私の場合は『余分な皮脂やメイク汚れをきちんと落とし切れていなかった』これが長い期間にわたってニキビが改善しなかった原因と感じています。

なぜなら、クレンジングと洗顔を変え更にやり方も変えて1週間で肌の変化を感じたからです。

クレンジングと洗顔を変えることで感じた肌の変化

化粧品なんてどれも同じと半ば諦めていた私にとって、肌の変化を実感できたことは非常に嬉しいことでした。

そして、『使い続ける』ことを決めました。

化粧品で効果を実感できると、もっとこうすればなりたい肌に近づくのでは?と考えるようになり、食事も気を付けるようになりました。

私は甘いものが大好きです。特にチョコレートが好きです。しかしチョコは糖質・脂質ともに多く、食べ過ぎるとすぐにニキビができてしまいます。

そこで私は、肌の改善期間はチョコを食べない!とストイックに決めました。

肌への効果は個人差があると思いますが、私の場合は頬や口周りに炎症性の赤ニキビができにくくなったと感じました。

先日数年ぶりに会った友人から「肌、きれいになったね」と言われました。

心の中でガッツポーズをしました。

ニキビで嫌という程悩み続けてきましたが、今は悩みを伺う側になっています。肌を褒められるということは、女性にとってとても嬉しいことですよね。

どうせ私の肌なんて…と卑屈にならないでください!肌は変わります!10年以上悩んだ私が言うので間違いありません。

 

20代のニキビとの格闘「私のニキビ日記」④へ 

20代のニキビとの格闘「私のニキビ日記」一覧へ