top-img

私のニキビ日記と題しまして、15年以上にわたるニキビとの戦い(ケア)、現在の肌をお伝えしようと思います。
私は今年30歳になります。
人生の半分以上を『ニキビ』で悩んできました。
人生の半分と大げさに書きましたが、中学生のころに初めてニキビと出会ってから、つい最近まで15年間、女性として1番輝いているといわれる期間、ずーっと『ニキビ肌』に悩んできたのです。
ところが、

「今の私はニキビに悩んでいません」

と言える位変わりました。
ニキビが全くなくなったわけではありませんが、劇的に肌が生まれ変わり、少しずつ自分の肌に自信をもてるようになっています。
何より、ニキビとの上手な付き合い方がわかってきました。

同じようにニキビ肌で悩んでいらっしゃる方は共感頂ける事があるかもしれません。
そして肌は変わるということを知って頂ければと思います。

ニキビ出会った頃の私は、ニキビケアを知らなかった

まず今回はニキビが初めてできた頃のお話です。

顔に初めてニキビができたのは中学1年生の頃です。
「中学生」と聞くと思春期ニキビのイメージでおでこや頬にできると思われるかもしれませんが、私はあごにできました。
「口周りやフェイスラインにできるニキビはホルモンが大きく関わっている」というのは、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

※思春期ニキビやホルモンのお話は以前のブログに掲載しておりますので、どうぞご覧ください
ホルモンとニキビの関係

当時、お肌の知識が何もなかった私は当然のようにニキビをつぶしていました。
この行為が数年後の肌にどう影響するかなんて考えずに…。
今考えると、跡になる・傷になる・色素沈着になると思うのですが、中学生の肌細胞は若く元気な為、その頃は全く跡になることもありませんでした。
その為私は間違った考えを持つようになりました。

『ニキビはつぶした方が早く治る』と。

もし同じように考えているなら大きな間違いですので、是非やめてくださいね。

ニキビが顔全体にできていたわけではなかったので、
<p”>ひとつニキビができてはつぶし⇒薄いかさぶたのような状態⇒皮が剥ける⇒しばらく経つと赤みもなく元の肌に戻る

このサイクルを何年も続けていました。
振り返ってみますと、当時はまだ化粧はしていませんが、ダイエットに興味を持ち出した頃です。
普段の食事や給食のカロリーを気にして徐々に残すようになりました。

振り返ってみますと、当時はまだ化粧はしていませんが、ダイエットに興味を持ち出した頃です。
普段の食事や給食のカロリーを気にして徐々に残すようになりました。
成長期のダイエットが怖い理由は、栄養の不足・偏りによる体への影響だけではありません。
心(精神)も不調をきたしやすいのです。
そして心とお肌は密接に関係しています。
特にニキビは心の不調がそのまま表れるのです。
私は過食嘔吐というとオーバーですが、食べたものを吐く行為をするようになっていきました。
興味本位の間違ったダイエット→精神的不調→身体や肌のトラブルにつながったのかもしれません。
成長期だったにも関わらず無知なばかりに、自分で自分の身体や肌に大切なものを奪う行為をしていました。

この頃はケアらしいケアもしていません。
洗顔フォームでゴシゴシ洗い、化粧水をたまにつける位です。
ニキビ=脂性肌と思い込んでいたので、しっとりタイプの化粧水を使用することはありませんでした。

今考えると、正直、このスキンケアや考えは恐怖を感じます。
こんな中学生が高校生になるとどうなるかは想像がつきますよね。

高校生なるとニキビ肌で悩むことが多くなりました。
なぜなら、できるニキビが変わってきたからです。
中学生の頃は主に「白ニキビ」がポツポツとできていましたが、高校生になると「黒ニキビ」「赤ニキビ」が増え始めたのです。
少しですが化粧をするようになり、毛穴がつまる機会が多くなったのでしょう。

青春ニキビは一種類じゃない!私の経験した3つの青春ニキビ

① 白ニキビ

shiro表面的には皮膚の色とあまり差はありませんが、触れるとプツプツした感じがあります。
角質が厚くなっている可能性があります。炎症はしていません。

② 黒ニキビ

kuro白ニキビ同様炎症性ではありません。表面的には黒くなっているので、ホクロのように見えます。
突起しているもの、陥没気味になっているものなど様々です。
(私は両方ありました)皮脂が酸化し黒くなります。

③ 赤ニキビ

aka炎症性ニキビです。お肌の表面はプクっと赤く盛り上がり痛みがあります。
皮脂が溜まり菌が増殖して炎症性に変わりますが、要因はさまざまです。
膿がある場合もありますし、ニキビとしては悪化している状態です。
炎症が進行、再発等を繰り返す事で、跡に残りやすいです。

つぶす癖がついてしまった私はニキビができるとよく触っていました。
その為雑菌が入り赤く炎症したニキビが多くなっていったのです。
私はフェイスラインによくできてしまい、治っても同じ所にまたできることがほとんどでした。

そもそも「どうしてニキビができるのか」「私のニキビ肌の原因は?」といったことを当時考えたことはなかったです。

この部分をきちんと考えていれば、ニキビ肌からの脱却もしくはニキビとの上手な付き合い方が5年以上早かったかもしれません。
なぜなら原因が分かった上でお肌のお手入れをすれば、半年・・・いや3ヶ月で肌は変わるのですから。(あくまで私の経験です。)

次回はニキビと最も格闘した20代の頃の私を紹介します。
もうニキビ肌は治らないと諦めていた頃のお話ですので、同じように悩んでいらっしゃる方は是非ご覧ください。

20代のニキビとの格闘「私のニキビ日記」②へ 

20代のニキビとの格闘「私のニキビ日記」一覧へ