check_br_01check_br_02check_br_03

この3つがどうして重要なのか、意外な挙式直前の落とし穴で「当日の肌の調子が悪くなってしまった!」
という「実例」をご紹介し、「これから挙式を迎えるあなたに気を付けてほしいこと」をご紹介いたします。

これは実際にあったお話…もしかしたらこれから挙式を迎えるあなたが体験してしまうかもしれないお話です。お金も時間もかけてお手入れするブライダルエステの効果を決して無駄にしないために、一度読んでおいていただけると嬉しいです。

美肌は夜つくられる

とても心配性の新婦様がいらっしゃいました。
心配性であるがゆえに、もちろん準備も計画的にされてこられました。
きちんとお肌のお手入れも続けられ、ブライダルエステの最終日にはその磨かれたお肌が本当に美しく輝いていました。

しかし、当日のお肌はなぜか、くすんでしまっていたそうです。さらに、目の下には青くまが・・・

いったいなぜでしょう?

実は心配性の新婦様は、前日の夜、準備の確認を念入りにされるうち、いつもより寝るのが遅くなってしまったのです。そしてお布団に入ったものの、次の日の挙式のことを考えてなかなか眠れない状態になりました。
これが挙式当日お肌が輝かなかった理由です。つまり睡眠不足です。

お肌の再生は眠っている間に行われます。
お肌の再生は血液を通して行われるのですが、起きて活動している日中は、血液のほとんどが脳に集中し、そのためお肌には栄養がいきわたりません。
寝ると脳が休むので血液は体の各所に流れ始め、肌にも栄養がいきわたるようになるのです。
夜10時~深夜2時はお肌のゴールデンタイムとされ、その間に睡眠をとるのが美肌のルールと言われています。
また、眠り始めの3時間がもっとも成長ホルモンの分泌が活発になり肌の奥の細胞分裂が進みます。
お肌の再生にはトータルで、最低でも6時間くらい必要です。
睡眠が6時間をきってしまうと、誰でも肌あれする可能性が出てくるのです。

遅くとも0時までには寝るようにすること。
最低6時間は睡眠をとるようにすること。

美肌が輝く花嫁になりたい方は必ず守っていただきたいポイントです。

だからといって挙式前日だけ多く寝ても意味がない

念のためお話させていただきます・・・
最低6時間の睡眠をとりましょうとお話したのですが、
必要以上にたくさん寝ればいいというわけではありません。
例えば準備で毎日忙しかったから、前日はとにかくたくさん睡眠をとる、つまり「寝だめ」するというのはお勧めできないのです。
なぜならお肌に全く効果がないからです。お肌の再生は一週間分まとめてはできません。

その日の肌のお疲れは、その日のうちに解消!これが美肌に効くのです。

「寝だめ」をしたために、顔がむくんでしまったり、頭がボーっとしてしまっては大変です。

感謝の手紙は3日前までに書きましょう

新婦様がご両親様へ感謝の手紙を読む場面は、結婚式のクライマックスの感動的シーンですね。
私も列席したときには、本当に感動して涙があふれてきてしまうものです。

さてこの感謝の手紙ですが、私たちのサロンでは、できるだけ早く、

「挙式3日前までには書いておきましょう」

と、お話させていただいています。

ブライダルプランナーでもない私たちがそんなアドバイスをする理由、それはもちろん当日のお肌を輝かせるためです。
お手紙を書いているうちに、これまでのいろんな思い出が浮かんできて、ご両親に対する気持ちがこみ上げてきて、書きながら涙が止まらなくなってしまうということは、よくあることなのです。
挙式一週間前に手紙を書いたという新婦様が直前のエステの際にお話です。

「たくさんの涙を流した目は赤くはれ、ハンカチで何度も涙をぬぐった目の周りはカサカサに。
せっかくエステでキュット小顔に整えたお顔も、涙が止まらないまま寝てしまったことで、朝起きたらなんだかむくんでました。」

もしこの新婦様が前日の夜に手紙を書いていたらと想像するだけで恐ろしいことですね。
こんなことがあっては大変です!!
「ブライダルエステで磨いたお肌が輝かなかない」なんてことにならないように、

挙式前日の涙は禁物と心得ましょう。

結婚式の準備はいろいろあって忙しものですが、できるだけ準備は早め、早めに行いたいものですね。
ブライダルエステで磨いたお肌を、挙式当日に最も美しく輝せるためにも、挙式前日は当日に向けて体も心もゆったりと過ごしてください。